一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:読書

評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」
評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」横田 増生

朝日新聞出版 2012-06-07
売り上げランキング : 163414


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


青森から上京してきた18歳の予備校生は、どのようにして、消しゴム版画家にして名コラムニストとなったのか。他の追随を許さない鋭い批評眼は、いかにして生まれたのか。なぜ、魅力的で非凡な文章を書き続けることができたのか。ナンシーを知る人たちへのインタビューとともに、彼女自身の文章に垣間見えるいくつもの物語を紐解きながら、稀代のコラムニストの生涯に迫る。


 テレビを見る。ナンシーはなんていうだろうと思う。
スポーツ選手が立候補する。ナンシーはなんていうだろうと思う。
毎週のコラムを楽しみにしていた。
週刊誌を開くときはそのページからだった。
同世代でまさかこんなにはやく逝ってしまうとは思わなかった。
あのときの愕然とした気持ちが蘇る。
ナンシーのあとにナンシーはいない。 今でも週刊文春でナンシーのコーナーを探してしまう。 CREAはナンシーの対談からいつも読んでいた。

しかしこの評伝、著者の文章にときおり疑問が。
例に上げるとナンシーの視力の問題とか。

JUGEMテーマ:読書

イノセント・ガールズ 20人の最低で最高の人生
イノセント・ガールズ 20人の最低で最高の人生山崎 まどか

アスペクト 2011-02-23
売り上げランキング : 187839


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


廃屋の中で発見された、ジャクリーン・ケネディの従姉妹、死ぬまで男性を装い続けたジャズミュージシャン、『ティファニーで朝食を』の主人公のモデルとなった孤高のエッセイスト……etc.

20世紀のアメリカを中心に、時代の波や人間関係に翻弄されつつも、「人並みの幸福以上の何か」を追い求め、数奇な人生を送った20人の女性の生涯を紹介する評伝エッセイ。ときには孤独にさいなまれながらも、独自の生き方を貫いていく女性たちの姿から、生きるヒントと、大いなる勇気を得られる一冊です。


 あまり知らない人が多く興味深かった。
普段の評伝シリーズでは取り上げない人物が多い。
もっと深く知りたくなった人が何人か。
とくに男装のジャズピアニスト。
あと年をごまかしていた人が何人かなんだけど20歳ごまかすのはすごいね。想像を絶する。

JUGEMテーマ:読書


あまからカルテット
あまからカルテット柚木 麻子

文藝春秋 2011-10
売り上げランキング : 138337


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仲良し四人組の探偵小説。ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子。恋愛の荒波も、仕事の浮き沈みも、四人の絆で乗り越えてみせる。


 軽めのステキなお話、なんでしょうね。
でも好き。
とくに最初のおいなりさんがおいしそうでおいしそうで。
気持ちが軽くなる小説は甘いもののようにすとん、と落ちてくる。
重量級の小説で疲れた胃にはこれがおいしい。
甘いモノは別腹っていうね。

JUGEMテーマ:読書

一瞬でいい(上) (新潮文庫)
一瞬でいい(上) (新潮文庫)唯川 恵

新潮社 2012-02-27
売り上げランキング : 93367


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一瞬でいい(下) (新潮文庫)
一瞬でいい(下) (新潮文庫)唯川 恵

新潮社 2012-02-27
売り上げランキング : 46390


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1973年11月、浅間山での出来事が18歳の二人の少女と一人の少年の運命を変えた。
事故の重みを胸に秘め、大人へと成長してゆく三人。
著者が自らと同年生まれに設定した主人公たちの18歳から49歳までの人生の軌跡を描く、
すべての世代に贈る31年間のラブ・ストーリー。


 いかにも新聞連載小説、という感じ。
そう大したもんでもないって思っちゃってごめんなさい。
多分、わたしに合わない恋愛モノだったんだなあ。
彼らが感じる葛藤とか薄い感じがしてしまって。

JUGEMテーマ:読書

終点のあの子
終点のあの子柚木 麻子

文藝春秋 2010-05
売り上げランキング : 238172


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プロテスタント系の私立女子高校の入学式。中等部から進学した希代子と森ちゃんは、通学の途中で見知らぬ女の子から声をかけられた。高校から入学してきた奥沢朱里だった。父は有名カメラマン、海外で暮らしてきた彼女が希代子は気になって仕方がない。一緒にお弁当を食べる仲になり、「親友」になったと思っていた矢先…。第88回オール讀物新人賞受賞作「フャーゲットミー、ノットブルー」ほか全4編収録。


 Twitterで初めて知った作家さん。ツイートが洒落てて、目の付け所が面白いので検索してこの本を知りました。
そしてやっぱり面白かった。
女子高のカースト制度っていうともうひどいのは、
グロテスク〈上〉 (文春文庫)
グロテスク〈上〉 (文春文庫)桐野 夏生

文藝春秋 2006-09
売り上げランキング : 25945


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「グロテスク」がぱっと浮かぶけどあれはかなり極端なわけで。
これはとっても地に足が付いている感じ。
誰しもが感じる日々の生活の中で何かを持ってると思いたい。
ほんとは持ってるんだけどそれに気が付かないし、持っているものの価値がわからなくて他の人が持っているものだけが光って見える。
それを素直に欲しがるか、「すっぱいぶどう」として見下す方に行くか。
それによって自分が何者であるかを知ろうとする、そんな気持ち。
あがいて、あがいてどこまでいったら終点なんだろう。

JUGEMテーマ:読書


臨床真理 (上) (宝島社文庫 C ゆ 1-1)
臨床真理 (上) (宝島社文庫 C ゆ 1-1)柚月 裕子

宝島社 2010-03-05
売り上げランキング : 107403


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

臨床真理 (下) (宝島社文庫 C ゆ 1-2)
臨床真理 (下) (宝島社文庫 C ゆ 1-2)柚月 裕子

宝島社 2010-03-05
売り上げランキング : 117884


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

臨床心理士の佐久間美帆は、勤務先の医療機関で藤木司という二十歳の青年を担当することになる。司は、同じ福祉施設で暮らしていた少女の自殺を受け入れることができず、美帆に心を開こうとしなかった。それでも根気強く向き合おうとする美帆に、司はある告白をする。少女の死は他殺だと言うのだ。その根拠は、彼が持っている特殊な能力によるらしい。美帆はその主張を信じることが出来なかったが、司の治療のためにも、調査をしてみようと決意する。
美帆は、かつての同級生で現在は警察官である栗原久志の協力をえて、福祉施設で何が起こっていたのかを探り始める。しかし、調査が進むにつれ、おぞましい出来事が明らかになる。


 2008年度の「このミス大賞」受賞作。
選評を読んで期待していたんだけどがっかり。
薄っぺらい登場人物たち。
特殊能力についてもこの感応力は臨床心理士である主人公なら少しはききかじっているものだと思う。
そして全員といっていいほど職業上得た知識をがんがんと外部に垂れ流し。
日本で現在としてこの小説を創り上げるならこんなに違和感があることはないので
小説世界がすべて薄くなってしまう。
ストーリーをすすめるためのコマとしか登場人物が生きてないと思う。

JUGEMテーマ:読書

Fの記憶
Fの記憶吉永 南央

角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-10-31
売り上げランキング : 253716


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



名前も思い出せず、顔もおぼろげにしか覚えていない。まして消息など知る由もない。だが、かつて同窓生だった3人の心には、あの日以来、Fが棲みついている。そして今、Fが彼らの運命を動かす。手強い才能が覚醒した!新鋭が放つ魂の再生の物語。


 非常に好きなタイプの話なんだけど…どうも。
もうちょっと鮮やかなつながりかと思ったんだけど。視点の食い違いがうまく浮かび上がって来なかった。


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

bbs

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM