一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:読書


フリント船長がまだいい人だったころ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
フリント船長がまだいい人だったころ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)ニック ダイベック Nick Dybek 早川書房 2012-08-08売り上げランキング : 432784Amazonで詳しく見る by G-Tools

アメリカ北西部の海辺の町ロイヤルティ・アイランドでは、男たちは秋から半年ものあいだ厳寒のアラスカで漁に励み、妻たちは孤独に耐えながら夫の帰宅を待つ。十四歳の少年カルは、いつか父とともにアラスカに行くことを夢見ていた。しかしある日、漁船団のオーナーが急死し、町の平穏は崩れ去る。跡継ぎのリチャードが事業を外国に売りはらうと宣言し、住人との対立を深めたのだ。その騒動のなかでカルは、大人たちが町を守るために手を染めたある犯罪の存在に気づく。青春の光と影を描き切った鮮烈なデビュー作。


 昨日の2月15日、翻訳ミステリー札幌読書会が開かれました。
今回の課題書はこれ。
なかなかもやもやとするミステリーでいろいろな意見がありました。

JUGEMテーマ:読書

TOKYO YEAR ZERO (文春文庫)
TOKYO YEAR ZERO (文春文庫)デイヴィッド ピース David Peace

文藝春秋 2012-11-09
売り上げランキング : 75497


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1945年8月15日、東京、品川の軍需工場で女性の腐乱死体が発見された。そして1年後に発見される第二、第三の死体……。敗戦を機に解き放たれた殺人鬼。そいつは何者なのか? それを追う警察もまた、その内部に大いなる秘密を隠していた。
実在の連続殺人鬼・小平義雄の事件をモチーフに現代イギリス文学の旗手デイヴィッド・ピースが描く日本の「占領」とその闇。
戦慄の超大作<東京三部作>開幕!

 
 すごいかまえて読みました。
だってすごいすごいっていうからどんだけはーどかと思って。
エルロイよりも粘っこいというか。 お米の感じ(笑)。 日本が舞台だから? 小平はこんなにあっさりと陥落だったのか。

JUGEMテーマ:読書


死刑判決〈下〉 (講談社文庫)
死刑判決〈下〉 (講談社文庫)スコット トゥロー Scott Turow

講談社 2004-10
売り上げランキング : 45987


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

名作『推定無罪』の衝撃再び
これがミステリーだ!トゥロー、渾身の傑作
裁判を覆すことは人生を再び問うこと。死刑執行のカウントダウンが始まった。苛烈な駆け引きと裏切り、背後に去来する過去への想い、未来への渇望。圧倒的ラストまで、ページを繰る手が止まらない!
死刑囚は冤罪(えんざい)か? 新証人の爆弾発言に揺れる裁判のゆくえ。弁護士アーサーは職を追われた元判事ジリアンと心を通わせ、刑事ラリーはかつての不倫相手・検察官ミュリエルとの関係に夢をみる。駆け引きと裏切り、息をつかせぬ展開。傑作『推定無罪』の衝撃に円熟味が加わった、トゥロー渾身のミステリー。


 二転三転の展開を見せ、 事件にたいする誤りを明らかにし
かつ登場人物たちが犯した取り返しのつく間違いに ついても新たなる真相が。

JUGEMテーマ:読書


死刑判決〈上〉 (講談社文庫)
死刑判決〈上〉 (講談社文庫)スコット トゥロー Scott Turow

講談社 2004-10
売り上げランキング : 45961


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

死刑執行まで1ヵ月、弁護人アーサーの前に現れた真犯人と名乗る男。レストランで3人が惨殺され、冷凍庫詰めにされた10年前の事件は振り出しに戻った。麻薬にはまり収賄罪で逮捕された美貌の元判事、野心家の辣腕女検察官、一匹狼の刑事。時を経て、再び交錯する人生。巨匠トゥローが満を持して贈る傑作。



 久々のリーガル・サスペンス。
冤罪をめぐる物語。

JUGEMテーマ:読書

ブラックランズ (小学館文庫)
ブラックランズ (小学館文庫)ベリンダ バウアー Belinda Bauer

小学館 2010-10-06
売り上げランキング : 232757


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


十二歳の少年スティーヴンは、今日も母の弟ビリーの遺体を捜してヒースの茂る荒野にシャベルを突き立てる。十九年前に起きた連続児童殺害事件以来、被害者の母となった祖母は心を閉ざし、母もまた鬱屈した感情を抑えることができない。傷の癒えない家族を変えるためには、ビリーの遺体を発見し、事件を完全に終わらせるしかないと考えたスティーヴンは、やがて殺人犯である獄中のエイヴリーと手紙のやりとりを開始する。猟奇的殺人犯と十二歳の少年の危険な往復書簡は、次第に二人を思わぬ方向に導く…。英ゴールドダガー賞にノミネートされた傑作スリラー登場。


 けなげな子どもが頑張る物語。
孤独から逃れるために彼がすがったもの。
悲しい。
でも彼は大人になった。 戦ったのだ。

JUGEMテーマ:読書

悪意の森 (下) (悪意の森) (集英社文庫)
悪意の森 (下) (悪意の森) (集英社文庫)タナ・フレンチ 安藤 由紀子

集英社 2009-09-18
売り上げランキング : 577446


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


森の中の少女他殺死体発見事件と、過去の少年少女失踪事件との関連を調べる刑事のロブとキャシー。しかしそれは、ロブが自ら封印していた記憶の扉をこじ開ける作業でもあった。次第に追い詰められていくロブの状態に、被害者の姉の言動が拍車をかける。壊れていくロブとキャシーの鉄壁のチームプレイ。そして事態は取り返しのつかない方向へと進むのだった…。英米話題ミステリー、驚愕の結末。

 
 「ソロモンの偽証」第三部のエピグラフにつかうというので読んでみた。
信用出来ない語り手ではあるのだけどこの語り手自身が自分を信用してないので回りくどいったらない(笑)。
彼は欠落した何かをキャシーと 取り返そうとしてたんだろうなあ。
でもそれは欠落したまま終わる。

JUGEMテーマ:読書


悪意の森 (上) (悪意の森) (集英社文庫)
悪意の森 (上) (悪意の森) (集英社文庫)タナ・フレンチ 安藤 由紀子

集英社 2009-09-18
売り上げランキング : 379349


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うだるような夏のある日。ダブリン郊外の森の中で、少年と少女が忽然と姿を消した。あの日から20年。同じ森の近くの遺跡発掘現場で少女の他殺体が発見される。捜査にあたった刑事のロブとキャシーは、少女の家族が隠し事をしていると感じる。一方、発掘隊の中にも疑わしい言動を取る者がいた。やがて少女の姉がロブに接近し、虐待を匂わす証言をするのだが…。数々の賞に輝く傑作登場。


 この小説からとられた文章がとある作品ででてたので読んでみた。
語り手である刑事の彼に付き合うのが大変。 下巻ではもうちょっと彼に寄り添っていけるかなー。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

bbs

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM