スポンサーサイト

  • 2018.02.15 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    海泡

    • 2012.04.19 Thursday
    • 16:10
    JUGEMテーマ:読書


    海泡 (中公文庫)
    海泡 (中公文庫)樋口 有介

    中央公論新社 2004-02
    売り上げランキング : 155858


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    東京の竹芝桟橋から“小笠原丸”に揺られること二十六時間。ぼくは二年振りに中学高校時代を過ごした父島の土を踏むが、同級生だった一宮和希が三日月山展望台から転落死する。和希は本土から来たストーカー男に脅えていたというが、男は逮捕されることもなく島に居座り続ける。そして、ついに“洋上の楽園”で殺人事件が―。
    商品の説明をすべて表示する


     ミステリとしてよりも何よりも樋口作品ってのが好きなんだ。
    男性主人公がぼーっとしてるのにモテるんだよね。
    据え膳食っちゃうのが好き。
    なのに大事なものにはなにもしなかったり。
    作品の背景である島の閉塞感だったり行き場のない人間の哀しさだったりの
    部分の描き方がきちんとしているので読ませる。
    主人公がきっと変わるのだろうと思わせるラストまで清々しい。

    スポンサーサイト

    • 2018.02.15 Thursday
    • 16:10
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM