文学賞の光と影

  • 2012.10.06 Saturday
  • 23:45
JUGEMテーマ:読書


文学賞の光と影
文学賞の光と影小谷野 敦

青土社 2012-06-22
売り上げランキング : 501439


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文学に関心を持ち始めた高校一年の頃、ほぼ同時に文学賞にも関心を持って、レポート用紙に、各種文学賞の受賞者・受賞作一覧を作っていた。もちろんその頃は、いずれ自分の名前もそこに載るということを夢見ていたのであるが…。文学賞マニアにして作家、小谷野敦による文学賞研究のすべて。


 資料的価値が高いのだろう。
著者の恨み事は伝わってくるけど
これなら箇条書きで済む本なのではないだろうか。
単なる井戸端会議。 だらだらとした文章でいくら小説の日本語の誤りを指摘していても これを読む限り著者の小説を読みたくはならない。
他者に対する批評と己の作品への自己憐憫はひしひしと伝わったのでそのあたりの文章はいいのかも(笑)。
怨念は感じた。

スポンサーサイト

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 23:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM