スポンサーサイト

  • 2018.02.15 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    2016年に読んだ本

    • 2017.01.01 Sunday
    • 17:13

    JUGEMテーマ:読書



    2016年の読書メーター
    読んだ本の数:158
    読んだページ数:45350
    ナイス数:2426

    なつみはなんにでもなれるなつみはなんにでもなれる感想
    お母さんとなつみちゃん。さいごのあれ、気になる!
    読了日:12月11日 著者:ヨシタケ シンスケ
    その雪と血を(ハヤカワ・ミステリ) (ハヤカワ・ミステリ 1912)その雪と血を(ハヤカワ・ミステリ) (ハヤカワ・ミステリ 1912)感想
    切ない。雪と血。
    読了日:12月09日 著者:ジョー・ネスボ
    ミレニアム3  眠れる女と狂卓の騎士(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
    リスベットが可愛い。そして123全部に言えるけど上巻はちょっとのるのに時間がかかるけど下巻の一気読み度の高さ。
    読了日:12月07日 著者:スティーグ・ラーソン
    ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
    ほていトラップにはまったw
    読了日:12月05日 著者:スティーグ・ラーソン
    本の雑誌402号2016年12月号本の雑誌402号2016年12月号感想
    どうしても司馬遼太郎がすごすぎて歴史は彼の作品年表のようになってしまう。
    読了日:11月12日 著者:
    漫画家ごはん日誌 たらふく (フィールコミックス)漫画家ごはん日誌 たらふく (フィールコミックス)感想
    これでまた相性が(笑)。っていうのはおいておいて、みなさんそれぞれのエッセイ漫画も楽しいけどよしながふみさんのインタビュー。あの映画、確かにそのシーンが心に残って生卵ちょっと苦手になる。そして自画像の秘密に笑った。
    読了日:11月10日 著者:はらぺこ編集部
    悪魔が来りて笛を吹く (角川文庫)悪魔が来りて笛を吹く (角川文庫)感想
    なんとなくの横溝月間。懐かしいなあ。これは部活の思い出もあるので(フルート吹きによくドラマの曲を吹いてもらっていた)。
    読了日:11月04日 著者:横溝 正史
    くーねるまるた 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)くーねるまるた 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
    すごいヒキで終わったんですけど!どうなるまるた。野球編も楽しかった。でてきた本は「ふしぎなかぎばあさん」「日よけ帽とピンクのタイツ」。チップスの揚げ方にびっくり。
    読了日:11月01日 著者:高尾 じんぐ
    日出処の天子 〈完全版〉/第2巻(全7巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)日出処の天子 〈完全版〉/第2巻(全7巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)感想
    勢いで二巻まで。
    読了日:10月07日 著者:山岸凉子
    はじめの一歩(115) (講談社コミックス)はじめの一歩(115) (講談社コミックス)感想
    どうもこの話の中でアオキさんとキムラさんのぱーとは割食ってる気がする。ことさらに弱くさせられてる感じ。まあひとつのジムに固まってるのもおかしいんだけどさ。
    読了日:10月06日 著者:森川 ジョージ
    戦地の図書館 (海を越えた一億四千万冊)戦地の図書館 (海を越えた一億四千万冊)感想
    冷たい塹壕の中で雨でじとじとするなかで。ふらふらとさまよう心を故郷に、家族に思いを馳せるために錨とした読書。夏の高城高さんのトークショーで彼が手にとった兵隊文庫の成り立ち。兵隊文庫はある意味、日本にも影響を与えてる。
    読了日:10月06日 著者:モリー・グプティル・マニング
    3月のライオン 西尾維新コラボ小説付き特装版 12 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン 西尾維新コラボ小説付き特装版 12 (ヤングアニマルコミックス)感想
    うーん。この漫画は何を描きたいのかなあって。
    読了日:10月02日 著者:羽海野チカ
    ミスター・メルセデス 下ミスター・メルセデス 下感想
    下巻一気読み!タイムリミットサスペンスであり成長物語であり。そしてこの終わり方!
    読了日:09月13日 著者:スティーヴン・キング
    ミスター・メルセデス 上ミスター・メルセデス 上感想
    痛みに苦しんだ人は開放された。ってところで下巻。
    読了日:09月12日 著者:スティーヴン・キング
    重版出来! 8 (ビッグコミックス)重版出来! 8 (ビッグコミックス)感想
    わかっていたのに発売前重版決定で泣きそうになった。五百旗頭さんにパンツ脱げって言われたい(笑)
    読了日:09月04日 著者:松田 奈緒子
    壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課 (講談社文庫)壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課 (講談社文庫)感想
    読みやすい文章、入って行きやすい視点。それだけに物足りなさが。
    読了日:09月02日 著者:堂場 瞬一
    ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 (幻冬舎文庫)ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 (幻冬舎文庫)感想
    軽い文章。エンタメに徹するためかてんこ盛り。材料を活かしきれていないような気もする。
    読了日:08月08日 著者:田中 経一
    竜の子太郎・ふたりのイーダ (講談社文庫 ま 2-10)竜の子太郎・ふたりのイーダ (講談社文庫 ま 2-10)感想
    この日に読むと決めている本。いないいないどこにもいない。椅子はずーっと探してる。
    読了日:08月06日 著者:松谷 みよ子
    映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦 (洋泉社MOOK 映画秘宝EX)映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦 (洋泉社MOOK 映画秘宝EX)感想
    なかなか読み応えはありますが「黒い罠」ってオーソン・ウェルズじゃない?ってことはわりと間違いが多いのかな?
    読了日:08月05日 著者:
    村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝感想
    野枝はいい人に評伝を書いてもらったと思う。いろんな人に迷惑をかけていてああ、野枝ってきらいじゃないけど身近にいたら困る…って思いながら読んだ。(ちなみにらいてうはきらいだw)「美は乱調にあり」よりももっと野枝が若くて、実際若くして殺されたわけだがいきいきとこの本の中で描かれている。
    読了日:08月02日 著者:栗原 康
    モンタージュ(3) (ヤンマガKCスペシャル)モンタージュ(3) (ヤンマガKCスペシャル)
    読了日:07月03日 著者:渡辺 潤
    モンタージュ(2) (ヤンマガKCスペシャル)モンタージュ(2) (ヤンマガKCスペシャル)
    読了日:07月03日 著者:渡辺 潤
    モンタージュ(1) (ヤンマガKCスペシャル)モンタージュ(1) (ヤンマガKCスペシャル)
    読了日:07月03日 著者:渡辺 潤
    フラジャイル(1) (アフタヌーンKC)フラジャイル(1) (アフタヌーンKC)感想
    申し訳ない、無料で。個人的には最後のエピソード、ドラマよりこっちが好き。だってほんとコンクールで選ばれたらずーっと覚えてるんだよ。
    読了日:07月03日 著者:恵 三朗
    声感想
    読んでよかった、好きな本でした。サンタクロース姿のドアマンの事件よりも少年の暴力事件が気になる。失われた子供時代の話はほんとに読ませる。美しい声で閉じられる物語。
    読了日:06月09日 著者:アーナルデュル・インドリダソン
    キミと話がしたいのだ。4キミと話がしたいのだ。4感想
    ほんわか。
    読了日:06月06日 著者:オザキミカ
    娘が発達障害と診断されて… 母親やめてもいいですか (文春文庫)娘が発達障害と診断されて… 母親やめてもいいですか (文春文庫)
    読了日:06月06日 著者:山口 かこ
    ソウル・コレクターソウル・コレクター感想
    久しぶりのライムシリーズ。正直、どんでん返しに飽きていたので今回はすっきりして新鮮だった。
    読了日:06月03日 著者:ジェフリー・ディーヴァー
    お母さんは「赤毛のアン」が大好き (角川文庫)お母さんは「赤毛のアン」が大好き (角川文庫)感想
    再読。「本の雑誌」連載はいつも買ってきて一番最初に読む。載ってない時はがっかり。これを読むと「読みきった自慢」について考えてしまう。わたしはそんなにないなあ…。今強いてあげると吉行淳之介をめぐる女性の手記をコンプリートしている(笑)。
    読了日:05月03日 著者:吉野 朔実
    月下の一群 (ぶーけコミックス)月下の一群 (ぶーけコミックス)感想
    弱さを押し通すのも強さとキリコさんが言った時に一番頷いた。
    読了日:05月02日 著者:吉野 朔実
    満映とわたし満映とわたし感想
    満映は甘粕の死で終わったと思っていたらそれからが苦難の連続。映画を作った人というと監督が一番(戦後、国策映画について聞かれることを嫌がった人もいると)と思っていたけど、確かに映画製作とは技術者があってこそなのだ。しかし共産党、学生運動と自己批判と内省は死を呼ぶのだなあ…。
    読了日:05月02日 著者:岸 富美子,石井 妙子
    大奥 13 (ジェッツコミックス)大奥 13 (ジェッツコミックス)感想
    雑誌で読んでいる時にとにかくこの祥子殿がいたましくて痛ましくて。この一冊だけでは彼女が救われることはないのだけど続きでなんとかしてあげてほしい。篤姫はいったいどうでるのか。時代も動乱に。
    読了日:05月01日 著者:よしながふみ
    部屋部屋感想
    部屋に生まれた子が世界でまた生まれる。再生と生還の物語。見るものすべてがちくちくと刺さる。ちぢんでしまったものに別れを。
    読了日:04月16日 著者:エマ・ドナヒュー
    主よ、永遠の休息を (中公文庫)主よ、永遠の休息を (中公文庫)感想
    とてもとても読んでいて苦しい本だった。
    読了日:04月05日 著者:誉田 哲也
    タスキメシタスキメシ感想
    向き合うこと。お料理が美味しそうだった。
    読了日:04月02日 著者:額賀 澪
    重版出来! 7 (ビッグコミックス)重版出来! 7 (ビッグコミックス)感想
    ヒキがあざといと思う漫画と次を!と思う漫画の差。中田先生がどうなるのか気になる(これがヒキだ!)。ドラマはまさかのくまつながりなのね。
    読了日:04月01日 著者:松田 奈緒子
    さむけ (ハヤカワ・ミステリ文庫 8-4)さむけ (ハヤカワ・ミステリ文庫 8-4)感想
    30年ぶりくらいの再読。ラストの強烈な一行は覚えていた。でも途中が忘れてたので新鮮に読めた。ハードボイルドと言われてたけどこれは読めたんだよなあ。
    読了日:03月07日 著者:ロス・マクドナルド
    翻訳百景 (角川新書)翻訳百景 (角川新書)感想
    言葉に対するあふれるばかりの情熱。日本語のプロである誇りを守るためにする努力。サインしていただいた「惜別の賦」が初訳書というのがじわーんと来ました。大切にします。
    読了日:03月04日 著者:越前 敏弥
    海を照らす光海を照らす光感想
    登場人物全てに寄り添いながらこの物語を共にした。どうすればよかったのか、なにができたのか。でもいつでもこの物語には光があった。映画化が楽しみです。
    読了日:03月02日 著者:M L ステッドマン
    おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 2 (ビッグ コミックス)おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 2 (ビッグ コミックス)感想
    「さえら」のサンドイッチはほんっっっっとに美味しいのよ。パンが美味しい。きゅうさんは今度いく。そしてバナナフィッシュへの思い入れをしかと感じたでございます。
    読了日:03月02日 著者:秀良子
    襲名犯襲名犯感想
    久々に乱歩賞を読んだ。この短いページ数だから犯人当てにするのはこの構成だと大変だなあ。ページ関係なければもっと初代の犯行に力を入れられたのではと思う。そうするとキング「ゴールデンボーイ」のような後味わすさがましたのでは。
    読了日:02月13日 著者:竹吉 優輔
    黄昏の彼女たち〈下〉 (創元推理文庫)黄昏の彼女たち〈下〉 (創元推理文庫)感想
    上巻の破滅へ進むような恋愛から事件が起きる下巻。変わった世界、変わった人。一度ついたシミはけっして綺麗にならない。むしろそのシミが広がっていくのかもと思ってしまうラスト。
    読了日:02月10日 著者:サラ・ウォーターズ
    黄昏の彼女たち〈上〉 (創元推理文庫)黄昏の彼女たち〈上〉 (創元推理文庫)感想
    戦争が終わって激変した生活、考え方。新しい出会い。失ったものと得たもの。まさかここまで踏み込んで描写があるとは思わなかった。下巻に行きます。
    読了日:02月05日 著者:サラ・ウォーターズ
    ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め (メディアファクトリーのコミックエッセイ)ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
    トニーニョが大きくなってる!
    読了日:02月03日 著者:小栗 左多里,トニー・ラズロ
    デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士 (文春文庫)デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士 (文春文庫)感想
    読メで話題になっていたので手にとった1冊。読んでよかった。「累犯障害者」を読んだ時に初めて刑法40条について知り、聴覚障害者のこれまでを知った。そのことと、過去そして現在の事件とがうまく絡まりミステリーとしてもよかった。
    読了日:01月06日 著者:丸山 正樹
    憑かれたポットカバー: クリスマスのための気落ちした気色悪い気晴らし憑かれたポットカバー: クリスマスのための気落ちした気色悪い気晴らし感想
    いきなりの北海道にびっくり。
    読了日:01月06日 著者:エドワード ゴーリー
    ヒート (実業之日本社文庫)ヒート (実業之日本社文庫)感想
    プライドってなんだろう。
    読了日:01月05日 著者:堂場 瞬一
    猟人日記 (講談社文庫)猟人日記 (講談社文庫)感想
    新年1冊目は再読。懐かしささえ漂う。
    読了日:01月01日 著者:戸川 昌子

    読書メーター

    スポンサーサイト

    • 2018.02.15 Thursday
    • 17:13
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM