スポンサーサイト

  • 2018.02.15 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    袋小路の男

    • 2005.07.14 Thursday
    • 22:42
    袋小路の男
    4062126184絲山 秋子おすすめ平均 starsしみじみとしたよい小説ですねstars透明感のある文体stars新しい純愛のカタチstars絶妙な距離感!stars薄暗い暗がりを連想させる恋愛本Amazonで詳しく見る by G-Tools

    ただただ、思い続ける。かなわなくても。指一本触れられなくても。電話を待ち、あなたを見ながらジントニックを呑む。そんな日々。
     直木賞、残念でした。
     いや、いい小説でした。好み。究極の片思い。けりをつけたくて他の男の人とつきあってみたり、関係を持ってみたり。でも思い切れない。せめて、抱いて欲しいと願っても断られ。一晩で飽きられるよりもずっとそばにいて恋愛の対象から離れていこう。そんな思いがじんわりと伝わる。文章がきびきびしているので書き方を変えるとこの主人公の思いがめそめそしているように感じられそうだけどこれは違う。同時収録の「小田切孝の言い分」が、その男の方を描いたものでそのだめっぷりや、彼女がある意味自分に酔っている部分もでていてこっちはおもしろいってかんじ。
     どうしても片思いしていた自分に思いがいってしまう。そのくらいしみじみした。臆病に見えるかもしれないけどこれが一番いいかも。そう思うわたし。いや、世の中にはけりをつけたい人の方が多いのはわかってるの。でもわたしは離れてしまうよりも指も触れずにそばにいたい。そのタイプ。
    「アーリオオーリオ」もいい。
    はやく「くそたわけ」が回ってこないかな。
     直木賞、なんでしょうか。もう芥川賞では候補にならないのかな。この手の作家にとってもらいたいな。

    スポンサーサイト

    • 2018.02.15 Thursday
    • 22:42
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      おぉ、chekoaさんもお好きですか?
      わたし、「イッツオンリートーク」とこれしか読んでませんが
      気になる作家さんです。
      はやく「くそたわけ」も読みたい〜。
      • かっこー
      • 2005/07/18 12:26 AM
      いいですよね!いいですよね!いいですよね!
      私も絲山さんにはぜひ何か賞をとっていただきたいと思っている人間の一人です!

      『くそたわけ』はこれとはまた全然違った感じの作品で、おもしろいですよ〜。
      >mlle.cさん
      わたしも純文学わかりません・・・。
      でも純文学を載せている雑誌はわかるのでそれに出てれば純文学(笑)。前回の角田さんも最初は芥川賞候補だったんですよね。
      芥川賞は新人対象なのでそこからはずれて、しかもストーリー性のあるものを書くと直木賞なのかも。
      むずかしい〜。

      >七生子さん
      この次、「くそたわけ」になると思うのよ。返却されたら回ってくるから。
      絲山さんにはなんとなく、賞をあげたい気持ちなんだよね。
      これから直木賞候補になっちゃうのかなぁ。
      • かっこー
      • 2005/07/15 10:17 PM
      きょうは、片思いしたいなぁ。
      いやかっこーは関係する?
      ただwoodyは究極が片思いしなかった?
      いやかっこーの、文章へ関係♪
      『逃亡くそたわけ』も良かったけど、私も『袋小路の男』のが好きなのよ〜♪
      かっこーさんも好感触で嬉しさ倍増っす(*^^*)。

      私も「絲山さんには芥川賞を受賞して欲しい!」に一票です!
      直木賞、ホントに残念でしたね。
      (って、もし芥川賞にノミネートされてたら取ってたでしょうな)
      • 七生子
      • 2005/07/15 12:25 AM
      こんばんは。
      絲山さん、まだ読んだことがないのですが、勝手に純文学の人だと思いこんでいました。
      直木賞候補になったと聞いてちょっとびっくり。
      この辺の線引きがいまだによくわかりません。

      >わたしは離れてしまうよりも指も触れずにそばにいたい。

      実は私も同じタイプです。うふっ(←不気味)
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       前回132回の芥川賞を、御贔屓作家の阿部和重が受賞してご満悦の評者なのであるが、本書『袋小路の男』を読んで、早くこの作家にこのようなタイプの作品群で受賞してほしいと痛切に感じてわけで、それが今の評者のあらためての心持なのである。  最近の芥川賞、受
      • 「本のことども」by聖月
      • 2005/07/14 11:58 PM
        ◎ 『イッツ・オンリー・トーク』 ◎◎ 『海の仙人』 ◎◎ 『袋小路の男』 ◎◎ 『逃亡くそたわけ』
      • 「本のことども」by聖月
      • 2005/07/15 12:00 AM
      第133回直木賞(日本文学振興会主催)は14日、朱川湊人(みなと)さん(42)の「花まんま」(文芸春秋刊)に決まった。 なお、芥川賞は中村文則さんの「土の中の子供」(新潮4月号)。 花まんまposted with amazlet at 05.07.14朱川 湊人 文藝春秋 (2005/04/2
      • ブログログ〜話題のことがらについて!!!!!!!!
      • 2005/07/15 7:22 AM
      袋小路の男絲山 秋子講談社 2004-10-28 表題作の「袋小路の男」は高校時代に出会ったひとつ年上の「あなた」を、ずっと想い続ける「私」の物語です。ずっともずっと、12年間です。 この物語が「純愛物語」と言われるのは、指一本触れずに想い続けたからなのではな
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2005/07/16 11:44 PM
      袋小路の男絲山 秋子 講談社 2004-10-28by G-Tools 川端康成文学賞受賞作。帯によると、現代の純愛小説、と、絶賛されたんだそうです。 うーん。小説としては、嫌いじゃない。「袋小路の男」と続編の「小田切孝の言い分」は、特に、なかなか良かったと思う。あ、悪
      • IN MY BOOK by ゆうき
      • 2005/09/08 12:21 AM
      タイトル:袋小路の男 著者  :絲山秋子 出版社 :講談社 読書期間:2005/10/01 - 2005/10/02 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 「あなた」とは指一本触れないままの12年間、袋小路に住む男にひたすら片思いを続ける女を描いた究極の純愛小
      • AOCHAN-Blog
      • 2005/10/18 2:33 PM
      発売されたばかりの文庫本を購入して、絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」を読んですぐに、ブックオフで「袋小路の男」と「ニート」の単行本を購入し、一気に読みました。絲山秋子の経歴などについては前に書いていますので、ここでは2004年の作品「袋小路の男」に
      • とんとん・にっき
      • 2006/08/04 9:25 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM