一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:読書


本屋さんで待ち合わせ
本屋さんで待ち合わせ三浦 しをん 大和書房 2012-10-06売り上げランキング : 77266Amazonで詳しく見る by G-Tools

口を開けば、本と漫画の話ばかり。2012年度本屋大賞に輝く著者が本と本を愛するすべてのひとに捧げる、三浦しをんの書評とそのほか。


 「お友だちからお願いします」の装丁に合わせてるような書評や本にまつわるエッセイ。
なんて本に対するアンテナが過敏な、過剰な人なのだろう。
愛にあふれる書評に強く頷いたり(読んでる本)これは読もう!と 思ったり。
ところで痛みをはかる単位を「一ハナゲ」とする(笑)のはあの本に載ってたんだろうか。

JUGEMテーマ:読書

本のおかわりもう一冊 (桜庭一樹読書日記)
本のおかわりもう一冊 (桜庭一樹読書日記)桜庭 一樹

東京創元社 2012-09-27
売り上げランキング : 280365


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


相変わらず小説を書き、読書にふけり、個性的な編集者にクラクラな毎日を送るサクラバカズキ。しかし3・11を越え、被災犬との暮らしが始まり……。好評読書魔作家日記第5弾!


 本を読んで、書いて、の日記。
しかし思いもかけない大震災があり…そこの文章が好きだ。
書くことは祈りであると。
言葉と文章について考えた。
もっと増やしたい。
言葉と文章において豊満な人でありたい。
知らない本が世界には溢れてる。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)
ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)ヤマザキ マリ

集英社クリエイティブ 2012-09-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 異邦人の目を通して語られる60年代の日本、文学。
三島と安部公房という二人をチョイス(ですよね?)したのがしぶい。

JUGEMテーマ:読書


文学賞の光と影
文学賞の光と影小谷野 敦

青土社 2012-06-22
売り上げランキング : 501439


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文学に関心を持ち始めた高校一年の頃、ほぼ同時に文学賞にも関心を持って、レポート用紙に、各種文学賞の受賞者・受賞作一覧を作っていた。もちろんその頃は、いずれ自分の名前もそこに載るということを夢見ていたのであるが…。文学賞マニアにして作家、小谷野敦による文学賞研究のすべて。


 資料的価値が高いのだろう。
著者の恨み事は伝わってくるけど
これなら箇条書きで済む本なのではないだろうか。
単なる井戸端会議。 だらだらとした文章でいくら小説の日本語の誤りを指摘していても これを読む限り著者の小説を読みたくはならない。
他者に対する批評と己の作品への自己憐憫はひしひしと伝わったのでそのあたりの文章はいいのかも(笑)。
怨念は感じた。

JUGEMテーマ:読書

烈しい生と美しい死を
烈しい生と美しい死を瀬戸内 寂聴

新潮社 2012-06-29
売り上げランキング : 216897


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「長く生きるということは、愛する人に死に遅れるということなんですよ」 その昔、女の離婚は罪の匂いがした──。平塚らいてう、田村俊子、岡本かの子、伊藤野枝、管野須賀子……「青鞜」の時代、百年前の女性たちは因習と闘い、命を燃焼し尽くすように烈しく恋と革命に生き、潔く美しい死を選び取った。九十歳を迎えた著者が、自らの波瀾万丈の人生と重ねて渾身の筆で描き出す百年の女性讃歌。


 野枝と大杉の娘である魔子さんについてもう少し書いてあるのかと思って読んだけどそれはそうでもなかった。
とにかく全編を通じていかに瀬戸内さんが野枝が好きなのか伝わってくる。
「フリーラブ」って言葉を信じたのは大杉だけなのか、 それとも彼ですらその言葉にすがっていたのか。
呪縛ということを考える。
たぶん、大杉も好きなんだろうなあ。

JUGEMテーマ:読書

悪意の森 (下) (悪意の森) (集英社文庫)
悪意の森 (下) (悪意の森) (集英社文庫)タナ・フレンチ 安藤 由紀子

集英社 2009-09-18
売り上げランキング : 577446


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


森の中の少女他殺死体発見事件と、過去の少年少女失踪事件との関連を調べる刑事のロブとキャシー。しかしそれは、ロブが自ら封印していた記憶の扉をこじ開ける作業でもあった。次第に追い詰められていくロブの状態に、被害者の姉の言動が拍車をかける。壊れていくロブとキャシーの鉄壁のチームプレイ。そして事態は取り返しのつかない方向へと進むのだった…。英米話題ミステリー、驚愕の結末。

 
 「ソロモンの偽証」第三部のエピグラフにつかうというので読んでみた。
信用出来ない語り手ではあるのだけどこの語り手自身が自分を信用してないので回りくどいったらない(笑)。
彼は欠落した何かをキャシーと 取り返そうとしてたんだろうなあ。
でもそれは欠落したまま終わる。

JUGEMテーマ:読書


悪意の森 (上) (悪意の森) (集英社文庫)
悪意の森 (上) (悪意の森) (集英社文庫)タナ・フレンチ 安藤 由紀子

集英社 2009-09-18
売り上げランキング : 379349


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うだるような夏のある日。ダブリン郊外の森の中で、少年と少女が忽然と姿を消した。あの日から20年。同じ森の近くの遺跡発掘現場で少女の他殺体が発見される。捜査にあたった刑事のロブとキャシーは、少女の家族が隠し事をしていると感じる。一方、発掘隊の中にも疑わしい言動を取る者がいた。やがて少女の姉がロブに接近し、虐待を匂わす証言をするのだが…。数々の賞に輝く傑作登場。


 この小説からとられた文章がとある作品ででてたので読んでみた。
語り手である刑事の彼に付き合うのが大変。 下巻ではもうちょっと彼に寄り添っていけるかなー。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bbs

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM